「大宮のまちづかいのプロ実践秘話-星野邦敏×岡野友敬」つくたまトークセッション #2

NPO法人都市づくりNPOさいたま(つくたま)の情報紙 vol.9 と特別号で取り上げた大宮周辺のまちづくりについて、深堀りする連続トークイベント第2弾!

コロナ禍でシェアキッチンやyoutube配信スタジオなど新規事業を連発している星野邦敏さんと、ヤギで地域コミュニティを盛り上げながら、今年見沼田んぼにNumerland(ヌマーランド)を開設した岡野友敬さんをお呼びして、大宮のまちづかいの奥行きや、人を育て、まちの可能性を高める方法を探ります。

是非ともご参加頂き、特集で深掘りした大宮と対比しながら、皆さんも一緒にまちづくりについて一緒に考えてみませんか。

イベントの参加申し込みは、こちらから。
https://tsukutama-talk-session-02.peatix.com

情報紙 vol.9と特別号は以下のリンクからご一読いただけます。

情報紙つくたま

日時:2021年5月8日(土)14:00-16:00
開催方法:zoomによるオンライン配信(チケット販売5月8日(土)12:00迄)
参加費:1,000円

登壇者
星野邦敏|株式会社コミュニティコム代表取締役
岡野友敬|アーティスト・デザイナー

ファシリテーター
福田雄亮|都市づくりNPOさいたま会員

 

●登壇者プロフィール


星野邦敏(ほしのくにとし)
1978年11月生まれ。埼玉県さいたま市出身。IT事業と不動産運営事業を展開する株式会社コミュニティコムの代表取締役。 大宮駅東口を中心に、コワーキングスペース7F(ナナエフ)、シェアオフィス6F(ロクエフ)、貸会議室6F、曜日替わりシェアキッチン「CLOCK KITCHEN」、インターネット動画配信スタジオ「チエモ」など、7施設を運営しています。また、Yahoo!ニュースなどにもコンテンツ配信している「大宮経済新聞」と「浦和経済新聞」を運営しています。

 


岡野友敬(おかのともたか)
1979年さいたま市大宮区出身 主に、絵を描く仕事をしています。個展を開いたり、たまにイラストやお店のロゴマークや壁画なんかも描いたりしています。芝川ヤギ部部長として、日々、ヤギのお世話をしています。最近は養蜂を始めました。2021年から、「手仕事と遊び」の聖地Numerland(ヌマーランド)を開村し、米作りなどを通して、見沼の自然に触れながら豊かコミュニティを作っていこうと思っています。

 

モデレーター

福田雄亮(ふくだ ゆうすけ)
都市づくりNPOさいたま会員。札幌出身、芝浦工大・環境システム学科卒。大学の4年間、浦和に住み東大宮に通う。住宅リフォーム会社勤務後、現在はデベロッパー勤務。内装部門を経て現在はオフィス商品企画を担当。信条は「大切な仲間と、新たな価値を創出する場」としてのワークプレイス構築。登山、大宮アルディージャを愛し、2児の父として子どもたちに「ここに生まれて良かった」と思ってもらえるようなまちの姿を目指すべく、地域活動についても模索中。

 

主催:NPO法人都市づくりNPOさいたま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください