※延期日程決定:つくたま塾「杉戸町・南側用水路の再生と今後の地域づくり」のご案内

※延期日程が決定しました。

タイトル:「杉戸町・南側用水路の再生と今後の地域づくり~公民連携による取組み~」

日時:2020年5月19日(火)19:00~21:00 ※新日程です(3/4追記)

会場:さいたま市生涯学習総合センター(シーノ大宮・センタープラザ)
9階 学習室2

参加費:500円(資料代)

講師:遠藤清さん(南側用水路清流プロジェクト・代表/設計工房木土水・代表)
新井友和さん(杉戸町都市施設整備課・主幹)

内容:

埼玉県東部の杉戸町を、蛇行しながら南北に走る南側用水路。江戸時代に開削され、葛西用水に端を発するこの用水路は、長らく地域の広大な田んぼに水を導いてきました。時代は移り、昭和63年ごろに容易に水田に水を引くためのパイプラインが整備されると、“用水路”としての役目を終え、しばらく地域の人々から忘れられる存在となりました。
しかし、地域の大事な資源として復活させようと、南側用水路清流プロジェクトが発足。ウォーキングイベント始まり、ゴミ拾いや浚渫、木道設置などを市民の手で展開し、用水路は徐々にその輝きを取り戻していきました。その過程では、用水路を所有しつつもその用途に悩んでいた杉戸町が同プロジェクトとコミュニケーションを取りながら、役割分担をしながら協働を進めてきました。

そんな、南側用水路の再生と地域づくりを舞台とした、公民連携の取り組みについて、遠藤さん、新井さんのお二人に話を伺います。

※つくたま塾は、まちづくりに関心のある方ならどなたでもご参加頂けます。参加を希望される場合は、問い合わせフォームか、facebookページのイベントよりお申し込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください